スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

知識は必須

散々な思いをしてようやく勉強しようと思った。 ←遅いぞ!
元々保険に対しては、「いざという時に」という、ごく一般的な思いからと、お付き合い程度の認識で加入していた。もちろん自分がそういう事に対して避けていたのもあるし「健康だし関係ないかも~」とか「面倒だからプロ(保険屋さん)に任せておけばいいや」と安易な考え方だった。つまり提示されたものを精査するでもなく「払える金額だしいいんじゃねー?」って感じ。


この本は私同様、保険知識を持っていない人にはいい。
1.24本



読んでみれば納得ということが多いので紹介したい。


終身保険で保険を契約する際に「60歳までに支払う」または「一生涯払う」というのを耳にする。アフラックとかね。他も概ね同じ。この本にも保険会社を実名で書いてある。【保障は一生涯続きます。60歳からの保険料はいただきません】とか【60歳からの保険料は半額になります】ってやつ。



保険金額を算出する際の「一生涯=終身」は平均的には男性106歳女性109歳で設定されているそうだ。
女性は109歳まで生きると仮定して、それにかかる費用を算出。
加入した年齢から109歳までの残年数で総金額を割って月額費用を出すらしい。
人の心理をついたものだよね。誰もが定年後、毎月定額を払いたくないし。
60歳を過ぎて半額払うのも、要は払い込む総金額の算出は同じだということ。
109歳で算出されているとは驚いたが、その余剰分で経費を賄って
保険会社が損をしない仕組みなのだから当然と言えば当然だ。

109歳まで生きる確立を考えると、60歳までに払い終えるのは損だと思うけどどうでしょうか?だってさ60歳の時点で約50年分の保険料を前払いするし仕組み。前金払いだってこと。平均寿命が女性85歳。
約25年分前払い??


次に「お祝い金」
3年健康でいたらその時に一時金でお祝い金を出すってやつ。
当たり前だけど、お祝い金も保険料に上乗せされている。

例としてこんな風に記載されている。
ガードマンの話。ガードマンを雇うのは危機管理のひとつ。
保険と一緒。何か遭ったときの為に。

A社は1日10万円で設定。B社は「ガードマンの出番がなければ5万円返却します」というもの。B社の金額は15万円。つまりお祝い金に当たる5万円は予め請求される。

これと同じように「養老保険」も保険部分とは別に、満期後に戻ってくるお金は取られているということだ。
バブル期のように利率がよくて、満期時には払ったお金にかなりの利息がつくならともかく、今現在のような景気なら自由にできるお金を保険会社に拘束されているようなもので、あまりメリットはなさそう。


単純に考えて保険会社の社員(固定給の人)の給料は高いほうだと思う。
その経費、そして駅前にオフィスを構える経費。
CM代金。すべて私達が払い込む保険料から賄われているという事実を忘れてしまいがちになる。
つい「死んだら何千万入ってくる」と思いがちでしょ(爆)


つまりこの本では不測の事態で、貯蓄が間に合わない順で考えてから
保険に入った方がよいと書いてある。
利息の付かない時代だと「学資保険」とかは意味がないんじゃないかという感じで書いてある。だって子供がいたら何年後に高校、大学にに入って、いくらお金が掛かるかは不測の事態ではないということだから。自分でお金を貯められない人には有効だけど。

当たり前の事なのに考えようともしなっかた。

今は入院日数も昔に比べると余程の事が無い限り、早く退院させられる。
よく1日入院したら1万円の保険料を貰えるとあるが、貰う為に支払う額の総金額を考えたら「あれっ」と思うであろう。「お金を貰えないよりいいだろう」という心理をよく分かっていらっしゃる(苦笑)

もちろん身内でがんを患った人が多いとか、まだ子供が小さいからと不安なときには、とても有効なものだから一概には否定できない。



保険に助けられている人もいるというのは事実であるが、その確立を考慮した上で保険に入ろうという内容の本だった。
保険屋さん自身の保険の入り方についても書いてある。
ここでは長くなるので書かないけど、成程!と思う入り方だった。勝手に意訳すると保険に必要以上のものを求めると支払額は相当な金額になる。最低限必要な、順番を考えてから入ってね。って感じ。


私は子供もいないし、coopとか全労災とかの掛け捨て保険でいいや、という結論になった。


保険を見直す機会があったら是非この本を読んでみて欲しい。
この本はただ批判するだけの人が書いたものではなく、現役の保険屋さんが書いた本なので納得できる部分も多いし、一般人の知らないことが正直に書いてある上で保険の重要性も書いてある。


私的には良書であると思う。



お金に関する部分に無頓着な自分にも腹がたつわぁ。
ハーブティーでも飲んで落ち着かないと!



いつもポチっと応援してくださる皆さん『ありがとうございます』
banner_02.gif

スポンサーサイト

[ 2009/01/27 00:10 ] 独り言 | TB(0) | CM(19)
つい、面倒とか思いがちな保険。
よく分からないっていうのもあるし。
教えてくれてありがとうございます。
読むぞ!!
[ 2009/01/26 06:13 ] ハナッペ [ 編集 ]
これは…この記事はすごい!
私も保険の事を考えてたんです。
とても参考になりました。
私も是非この本を読もうと思います。

…今、会社からコメントしているんですが、
保険屋のおばちゃんが来てて、所長と話をしています(笑)
凄い良い事ばっかり言ってるので、
りこさんのこの記事を読んであげたーい(笑)
[ 2009/01/26 12:46 ] あいの [ 編集 ]
お久しぶりですー☆
あー、あー、民間の保険!
私も、ろくすっぽ入っていませんよー。
一緒ですー。(ひどく預金金利が低かった頃に、配当目当てで掛けた簡保1口(100万)だけです)
ぶっちゃけ、必要性がイマイチよくわからない。
特に年金系は自らの寿命で打つ博打ー?
保険って、結局は安心料なんすよね。
アタクシ、全然不安症じゃないもんで、不要なんですー。

なんせ残す人がまだ居ないモンで..。
それに万が一、私が亡くなってもアタクシの収入で食べてる人はいないんで、金銭的に困る人は誰もいないし(笑)。

もしも大病したとしても、有職独身女子(正社員)に限って言えば、
固定費(借金返済とか高額家賃とか)が、それほどない人なら、
私は公的機関の救済を利用だけで十分だと考えていまーす。

もし、入院するほどの大病したら、必ず高額医療制度受けるでしょー?
(医療費自体も各々違うし、収入によっても算出額が違うから一概には言えないけど、でも、まぁ、普通のOLなら月額10万ちょっとくらいの頭打ちの医療費で大抵は済んじゃう。極力月をまたがないよーに入院できればベスト)

で、傷病手当も利用するでしょう?
(働けなくなった原因である病気の初診日に社会保険に加入していれば、給料の約6割を働けなくなった日以後4日目~最長1年半支給)

傷病手当は、少し遅れて支給されるけど、まぁ、その間の時期のズレは自腹で立て替えておけばイイだけのハナシだもんね。

もっと長期で大変なケースは、障害年金(病気診断後、1年半後から傷害のある期間)で、なんとかするしかないね。

でも、そもそも、何年なんて長い期間保障してくれる生保なんて無いしねー。

うーん...。
保険屋さんのお給料払ってあげたり、保険会社の資産を購入してあげるよーな、余分なお金はアタクシないざんす。
そこまでしてしないと不安とゆータイプではないみたい。

やっぱ、りこさんも、あんま不安症じゃないみたいっすね☆
掛け捨て、十分だよー☆きっと正解だよー☆正解☆

追伸
ミイラの塩漬けシャケに挑んだりこさん、超かっちょいいー☆dekidekiだわ☆
アタクは、まだダメですだ..。
[ 2009/01/26 16:17 ] ひらりら [ 編集 ]
結婚の時と出産の時に悩みましたよー
その時にこの本見たかったなぁ(w

生保レディの友達と話したり、各種保険の
資料を取り寄せて分析したりとかなりの
時間を費やしてしまいますた…( ´△`)
でも知識になるっていいことだ♪

うちも結果的に掛け捨てと共済です。
「保険」という「質」を考えるとこうなりますよね~
[ 2009/01/26 17:39 ] なみたん。 [ 編集 ]
うちも保険は掛け捨てです。
「へ?入ってないの?」と旦那は会社の人たちに驚かれたと。
旦那の会社が入ってる掛け捨ての保険と、「病気・入院のため」の保険で終わり。
この選択が正しかったのかどうかはわかりませんが、保険って複雑で分かりにくいと思います。
そのお勧めの本、私も読んでみようと思います!ありがとう、りこさん。

*あ、それから。いつもながら「戦う女」は惚れぼれしますわ♪
部長、素敵よ!!ついて行くわ♪
[ 2009/01/26 17:45 ] 酉蔵 [ 編集 ]
りこさん、再度ごめんなすって。
ひらりらさんだー、って思ってv-10

再度、りこさんの記事とひらりらさんの
コメントをじっくり読んで、私の方向性を考えたら
あはー、私も不安症じゃ無いみたいです。
ホント、りこさん。この記事をアップして下さって
ありがとうございました!
[ 2009/01/26 17:47 ] あいの [ 編集 ]
ほんまにほんまにわかりにくい。
わざとわかりにくくしてんねやろ?
そうやろ、絶対に!って思う。

私も長いこと独身やったので、
残す人もおらんしーってことで、
掛け捨てと共済に入ってる。
そして、結婚した今もこれでええかーって思ってこのままにしてんねん。
保険払うお金があったら貯蓄した方がいいと私的には思う。
それか有意義に使う。(笑)
ダンナの保険をそろそろ見直したろかと思う今日この頃。
ちょっと勉強しよう。
[ 2009/01/26 20:58 ] miwa [ 編集 ]
私は金利のいい頃に年金保険に入ったので、
解約するつもりはないんですが。
医療特約に色々思うことがあります。
10年ごとに上がるんですが、病気したので
他の医療保険に入れないんで、よかったのかな?
あの時、医療保険(共済)は単品で入ってれば
もう少し安いのに入れてたのにー、とか。
難しいです。

生命保険は当時、ファイナンシャルプランナーの
本を読んで「絶対入らない」事にしてました。
バブルの頃、相続税対策で変額保険に入る人が
沢山いたのを知ってますか?ひどい保険ですよ。
やっぱり何かあった時に一番強いのは現金です。
[ 2009/01/27 12:40 ] インデックス [ 編集 ]
●ハナッペさん

是非、読んでみてほしいです。
中にね著者の元上司の保険屋さんの言葉として
「保険は知らない奴が、もっと知らない奴に売る物」と
書かれています。まさにその通りになってしまった(笑)
面白い内容なのでサクサク読めると思います。
講談社α文庫のものです。
[ 2009/01/27 16:35 ] りこ [ 編集 ]
●あいのさん

保険屋さんって会社にも来るもんね。迷惑じゃね?
契約してもらう為なら、美味しいところしか言わない
のは当然です(爆)この本をもし読むのなら上司にも
貸してあげてね。あいのさんが心配性でないなら、
貯蓄に回した方がいいかもしれません。
ひらりらちゃんの言う通りですから。
ひらりらちゃん博識よね。私も同じことを保険に詳しい
友人から聞かされたばかり。
加入するならじっくり検討してから入ってください。


●ひらりらちゃん

きゃーっ元気??
保険に関してはひらりらちゃんの言っている事が
当たっています。独身有職女子にはそんなに必要
ないのよね。私も義姉が契約担当でなければ、とっと
と解約したのに思いのほか、長く保険屋さんにいたので
ペナルティーを科せられたら気の毒だと思い、続けてしま
って今に至ります。
払い込んだお金は自分が甘かったので仕方ないの。
イケメンのガードマンを雇ったと思う事にする‥‥。
今後は、その分を取り返すべく頑張るのだぁ。
塩漬け鮭は大変だけれど、解剖みたいで面白かったです♪
血が出ないから怖くないもの~。
[ 2009/01/27 16:53 ] りこ [ 編集 ]
●なみたん。

「掛け捨て&共済」って賢い入り方です。
子供が小さい家のプロの加入の仕方も載ってたよ
「収入保障保険」だったかな?
毎月の金額はわずかでも総額は高いものなので
調べるのに時間を掛けすぎるって事はないんですよね。
保険屋さんに怒るよりも勉強って大事だと反省しました。
間に合わない順を考えると、共済すら入るの止めるかも
しれません(爆)極端すぎるぞ!


●酉蔵さん

素晴らしいわ。保険を貰う事自体「不幸」なのだから
割り切ってしまうのが大事です。
会社で入れる団体保険がシンプルでいいと書かれていたよ。
私はリボン猫のグッズを貰うために加入したの、きっとそうだわ(笑)
戦う女も疲れるものね。それも無駄な戦いで嫌になる。
わたくしこそ社長の影として付いて行きますわよ☆
ねぇ、ねぇロンドンにはいつ行くのかしら?

[ 2009/01/27 17:15 ] りこ [ 編集 ]
●miwaさん

その通りです。絶対に分かりにくくしてある。
あの約款。誰が読むんじゃーって感じ(爆)
私も義姉の為になんてバカな事を考えないで、
加入しなきゃ良かったもん。それを判断したのも
自分の無知さなので余計に頭にきてんの。
結局契約したのは自分だし、怒りをどこにぶつけて
よいやら‥‥。で、無理やり損をするのを承知で
戦ってきたのだ。←自爆タイプの女
お金は有意義に使った方がいいよね~。
旦那様のを見直すならシンプルに欲張らず。
これが大事みたいです。
この本、分かりやすくてお勧めです。


●インデックスさん

金利のいい頃の年金保険は是非そのままで。
病気を患ったなら保険の大切さも分かるし、
医療保険も悩むところですね。
すぐにお金がもらえましたか?
よく不払い、未払いで揉めていますよね。
現金で間に合うなら保険は必要ないんですよね。
お金を貯めようっと今年も思ったわ(笑)
いつも言うほど貯まらない‥‥。
[ 2009/01/27 17:36 ] りこ [ 編集 ]
給料保険も入ってました(wそういえば。
ローンがあるんでねぇ…その分だけでも補填したいと。
生活は切り詰めればいいけどね(w

保険をしっかり検討できるようになると
詐欺にひっかかりにくそうな気がするんす。
自分で考えないとダメでつよね(w

ちなみに自分は結婚するときに生保を
解約して冷蔵庫買いました(爆
[ 2009/01/29 09:52 ] なみたん。 [ 編集 ]
●なみたん。

ローンって組んだ時に保険があって、万が一があった時は
保険からローン返済出来るんじゃなかったけ!?
ほーんと、面倒だからって他人任せはよくないね。と実感。
下調べは大事ですね。
私も今なら冷蔵庫だけじゃなくて家電を揃えるだけのお金は
戻ってきそうです。問題は嫁にいけないこと(爆)
家付き、家電付き、介護付きよーん。
[ 2009/01/30 12:42 ] りこ [ 編集 ]
この記事を読んで早速、本を手に入れました。
まだ読みはじめですが、去年見直したけれど
改めて見直そうと思いました。
保険って難しくてわかりにくい・・
あんな細かい内容読んでられん!
(あっ、読まなきゃダメですよね…。笑)
[ 2009/01/30 20:03 ] あっきー [ 編集 ]
●あっきーちゃん

行動が早いですね。結構分かりやすく書いてある本だと
思うのですがいかが??
細かい内容って約款のことかな?
あれを全部読む人は滅多にいないと思うな(爆)
少しでも良い保険を見つけてくださいね。
[ 2009/01/30 21:13 ] りこ [ 編集 ]
死亡だけなんですよ(w
病気入院が長期、とかでは無理なんです~
なのでそういう時用のに入ってまつ♪

さぁ、婿探しだ!ヽ(‘ ∇‘ )ノ
[ 2009/01/31 14:26 ] なみたん。 [ 編集 ]
●なみたん。

なるほど~。勉強になるわぁ。
婿捜し‥‥婿捜し。どこで探しましょう(爆)
家電だけじゃなく車もつけましょうか?
そうそう「すて奥」ゲトしました♪
なみたん。らしいインテリアだね。
[ 2009/02/06 00:32 ] りこ [ 編集 ]
はじめまして、こんにちは☆
この本良さそうですね~。

実は今子供の学資保険を悩んでいるので結構いいかもです。
保険の知識、つけておくのに悪いことないですもんね(^^)
[ 2009/12/07 20:15 ] 学資保険 メリット [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
profile

りこ

Author:りこ
実家で、勝手気ままにゆるーく暮らしている独身女。

見た目は年齢不詳らしい。

好きなもの:海外旅行、お買い物、映画、酒、本、バッグ、ランジェリー。

性格:熱しやすく飽きっぽい。(B型)
とことんマイペース。
流行りモノ大好きなミーハー。

e-mail form

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。