スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

実家にいる理由

本日はちっとばかり、シリアスな内容で。


なぜ実家で暮らしているのか?
なぜ勘違い系独身貴族ぶりの買い物をしているのか?
何でだー?って思いますよね(笑)


これには理由があります。


1つめは、そこそこ便利な場所に実家があって
会社にも30分で行けるから。

2つめは、部屋が余っていたから。

3つめは父の介護が必要だからでーす。


今まで家族ネタの中に父の話題を出さなかったのは
そのせい。
父が元気な時は、それこそイケイケで遊んでいた(爆)
(イケイケ自体、死語)
毎晩のように飲み歩いて午前様だったし、
毎年、海外旅行に2回は行っていたし
割と優雅に独身生活を満喫していたと思う。



状況が変わったのは5年前。

5年前に、父は床屋に行くと言って家を出た。
そして自爆(1人で転んだ)
右腕を複雑骨折した。
父ちゃん、床屋に行くって言っていたのに何で病院に
行っちゃったの?
近所の人が救急車を呼んで知らせに来てくれたのだ。
骨折自体は手術も成功して1ヶ月で退院できるはずだった。
それが入院中に脳血栓になったのだ。
すぐに看護師さんが異変に気付いたので一命は
取り留めたのだが‥‥。

長期に渡る入院生活で1人での歩行は困難になって
その後、後遺症で『認知症』になった。
認知症なんて格好いい呼び名だけど要はボケた。


この時、私は彼と暮らしていた。でも母の負担が気になって週2回は実家に帰っていた。結局この事が引き金となって親に対するスタンスとか、その他色々意見の食い違いがあったので、2年前に実家に戻ったのだ。

チッ!玉の輿に乗り損ねた(笑)
あのまま結婚していたとしても無理だったような気がするけどね。俺様野郎なんだもーん。そりゃ私と喧嘩もするわけだな。
(実際は喧嘩などしていません)

‥‥で肝心の父は、私の事を妹と間違ったり、孫の名前を間違える日々。徘徊こそしないものの、同じ内容の会話を繰り返してたりね。これが疲れるんだなぁ。こういう病気は薬で治るわけじゃないし、家族が向き合って面倒みるしかないんですよ。変な言い方だけど四六時中ボケているわけじゃないの。切れかかった電気みたいに点滅している感じかな。点いているときは普通、消えている時はボケ気味?
この間なんて文句言ったら「だからお前は彼氏もできないんだ」と言われちまいました(爆)
おや?まともな意見をありがとう!って感じですわ。
4年間も家を出ていたのに忘れられていました(笑)



ご飯食べたのに「食ってない」とか言っちゃうし(笑)
家にいるのに「家に帰る」とか言っちゃうし(笑)
おまけに「学校に行く」なんて言っちゃうし(笑)

突っ込みどころ満載なの。

1日何食、食うつもりだよ!   とか
他にも家があるんだね!   とか
娘を働かせておいて、アンタは学校かい?  とかね。
↑実際、突っ込んでいます!


先日、仕事に対して厳しい事も書いた。
でも今は5時半で帰れるように調整している。
幸いにも社長が理解のある人なので、やる事さえやっていれば
大丈夫なの。

家に帰って、父をお風呂に入れる。
これが日課になってしまった。

その上夜中にトイレに連れて行ったりして、
私が寝れるのは深夜3時頃。毎日眠いっす。

どうりで毎日Blogをアップできるわけだ(笑)
片付けは進まないし、ストレス解消で
買い物しまくって物も増えちゃうけれどねー。

そんな毎日だから夏休みは家を離れたい。
たまには、のんびりさせてくれ!って思う。
お母さんにも夏休みをあげたいしー。
こんな状況なので旅行に行けるか分からないなぁ。


ゆるーい生活を送っている私の自由は何処に??
まぁ、面倒はみてやるよ父ちゃん!
安心してボケまくってくらはい。
ただし名前は間違えないようにな!



そんな生活の中にも爆笑ネタはつきない。


えーと介護用のパンツ。
20070726222449.jpg
大人の紙パンツです。

いちいち運ぶの面倒だから箱買い。‥‥で配達してもらう。

これを見て3号が悲しそうに一言。
「全部、じーさんのだね‥‥僕のは?」

自分の紙パンツが1パックしか置いていないので
じーさんにジェラシーを覚えたのか?

チビ、お前はそろそろ紙パンツ卒業だぞって
思ったが、あまりに悲しそうなので買ってあげた。
20070726222440.jpg
特売品!



これ見て満足そうな3号。

じーさんがトイレに行くとき、ドアを開けてくれる
ご褒美だよ!そろそろ紙パンツやめよーね(笑)



明日からはバカっぷり全開の汚部屋blogに戻るぞー。



応援代わりにポチっとお願いしまーす。
banner_02.gif

見に来ていただいてありがとうございます。





スポンサーサイト

[ 2007/07/27 00:09 ] 独り言 | TB(0) | CM(9)
初めまして。
楽しいブログいつも読ませてもらってました。
いつも読み逃げですみません。
私も独身三十路の一人暮らしおんなです。
そして、今回書かれていた内容で、私も同じような状況がおこったのでコメントさせていただきます。
2ヶ月前にうちのおばあちゃんが同じように足を骨折しました。
手術自体も成功し、2,3日はいたがりながらも、元気だったのです。
それが急に様態がおかしくなり、すぐに処置をしてもらったのですが、同じように脳梗塞になってしまいました。
しゃべることもできなくなり、手もぎゅって握ってくれるときはいいんですが、あまりもう誰かもわかってくれてないようです。
91才のおばあちゃんなんですが、やっぱり歳をとっててももっともっと長生きしてほしいし、食事飲み物一切できなくなったので、やせてしまって、見てるととてもつらいです。
でも私と顔をあわせるとすごくいいかおでにこ~って笑ってくれるので、それだけがうれしく、できるだけいっぱい顔を合わせてあげれるようにしてます。
お母さん兄弟3交代で病院につきっきりなんで、母達が体こわさないようにしてほしいのですが、私が実家から遠くにひっこしてしまったので、なかなか帰ってあげれないのですが。。
介護ってほんと、突然始まったりするもんですよね。
そしてずっと長いつきあいになる。
だから、体こわさないように、rico さんも息抜きいっぱいしてくださいね。
そしたら今まで以上にもっとお父さんにも優しくせっしてあげれますもんね。
えらそうな事いってすみませんでした。

[ 2007/07/27 04:11 ] ろでぃ子 [ 編集 ]
私も経験があります。
19歳の時祖父が脳卒中で倒れました。その後6年、ほぼ寝たきりでした。
いろいろ大変なことがあり、介護する側も倒れて死ぬんじゃないかと不安なこともありました。ストレスもあるし、常に優しくしようと思っても難しい時もあると思います。今ならもう少し受け止める余裕もあったでしょうが、年齢的に厳しい現実を見た感じがしました。
りこさんもお母様も大変でしょうが、お体を大事に、ストレスを溜めずにいてくださいね。時々息抜きも必要だし、抱え込まないでほしいな、なんて思ってしまいます。優しい気持ちで接していけるりこさんが、素敵だと思います。
[ 2007/07/27 13:22 ] 男塾酉蔵 [ 編集 ]
えらいなー りこさん、そんなこと簡単に言われたくないでしょうけど、えらい!しか出てこないですよ。

私は両親を既に病気で亡くしていますが、もう悔いることばかり、、、。ご両親、本当にお幸せです。そんなりこさんを育てたご両親もご立派です。

陳腐なことしか言えなくてゴメンナサイ。りこさんたら、まー、よくも「ゆるーい」だなんて! ウンチクのあるお言葉だったのですね。
[ 2007/07/27 15:22 ] わかこ [ 編集 ]
姐さん、私も一緒!実の父の介護してるの。離婚して子連れで実家に戻ったのが5年前、元々重度のヘルニアで障害者手帳持ってたんだけど、半年後に軽い脳梗塞、現在は だんだん歩けなくなってきて、家で母と世話してたんだけど、ここ最近は腰痛が酷くなっちゃって、今月になって避暑も兼ねて入院しました(笑)それなのにやっぱり習慣で 夜中に「あっお父さん!!」って目が覚めて部屋に行ってみたり、呼ばれてるような気がしたりして熟睡できない。だから夜な夜な酔っては片付けるの(^皿^)私は大嫌いだった父の世話をするために、もう一回 親子関係をやり直すために実家に戻ったんだな~人生に無駄なことってないな~と思う今日この頃…姐さんのブログを見付けたのも 眠れない夜だったもの!お父さんありがとうって思うよ(^○^)
[ 2007/07/27 20:12 ] にこ [ 編集 ]
リコ姉さんお疲れ様です~。親は自分以上に老化が早くだけどみんな自分も老いる事忘れてしますよね。我両親は父73歳・母66歳。昔、祖父母も一緒に住んでましたので痴呆の症状は理解できます。私も実家に戻ってから半年後に母が犬の散歩中に転んで尾てい骨を骨折し7ヶ月くらい寝たきりでした。今は休憩しながらなら食事の支度ができるようになり、腰はかなり曲がった状態…たぶん腰は「くの字」に曲がりそう。私も結婚してたとき親が気になって仕方なかったです。離婚は親の事情だけではなかったですケド。いつも実家に帰りたくて仕方なかったです。私は姉が交通事故で亡くなって一人娘です。だからリコ姉さんのお家はお孫さんが来て賑やかで羨ましいですよ~
 3年位前ヘルパー2級の資格を取りましたが実際仕事にするにはきついな~と思いました。親のことも考え、実際に100歳のお婆ちゃんが寝たきりで父の妹が独身で介護しています。。介護職の人数が不足しててショートステイでもなかなか引受けてもらえない様子です。これからは自宅介護が多くなるやろう~って叔母が言ってました。就職活動の面接でヘルパーの資格持っててやらないの??って言われたり…しました。
[ 2007/07/27 22:06 ] suchan [ 編集 ]

↑再度カキコしました。38号です。お父さんのこと介護のことあるけどリコ姉さんも自分の幸せもつかんでください。私もできれば幸せになりたいですもん。事情を理解してくれる男性いないもんですかねっ。絶対エエ女ですし。今日は5回くらいポチっとやっときます。
[ 2007/07/27 22:24 ] suchan [ 編集 ]
介護は大変だけれど
お父様が生きてるうちは
出来るだけの事はしてあげてください。
ただし、無理をしない程度に。
そうすればいつの日か「出来るだけの事はした」と思える日がくると思います。
祖父が入院して、母がずっと付きっきりで世話をしたんですが
結局帰らぬ人となった時に
母が「出来るだけの事はしてあげた。だから悔いは無い」と言ってました。

私の場合、4年前に
仕事に出て3時間後に父と永遠の別れをしました。
体の事もあり、主夫をしていた父ですが
苦しくなった時に母にだけは連絡をして
最後は誰もいない中、眠るように息を引き取りました。

父が生きている時は、
「いつかは親孝行を」と思っているうちに
結局何も出来ないまま別れがきてしまいました。
悔いばかり残っています。

今のお父様はまだらの状態でしょうか?
でも言葉のキャッチボールが出来るだけでも良いと思います。
(それが方向違いのものでも)

お父様との毎日をプラス思考で楽しみながら過ごしてくださいね。
[ 2007/07/27 23:52 ] ぺんぎん [ 編集 ]
ベスト10入り、おめでとうございまーす\(∂▽∂)/
[ 2007/07/28 01:31 ] わかこ [ 編集 ]
●ろでぃ子さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

読み逃げしていても構いませんよー。私もよくやってます(笑)

おばあさまも脳梗塞ですか。大変ですよね。
介護なさっているお母様、大丈夫でしょうか?
帰れない距離にいるって逆に辛いですよね。
今度会いにいけるようでしたら、手を握ってあげて昔話でもしてあげてください。
こういう病気の人って、理解出来ていない様で分かっている部分もありますので、きっと喜ぶと思います。特に昔の記憶は残っています。

おばあさま、長生きしてくれるといいですね。

>体こわさないように、rico さんも息抜きいっぱいして

ありがとうございます。息抜きは得意なのでもう少し
頑張ってみようと思います。
片付けとは関係の無い記事で、優しいコメントをいただけて嬉しかったです。
これからもヨロシクお願いします。


●男塾酉蔵さん

優しい言葉をかけていただいて、ありがとうございます。感激だよー(泣)
もしも私が19才だったら、今みたいに介護はできなかったと思います。それに優しくできない部分も多いです。だから19才でおじいさまの面倒を見ていたtorizohさんの方がエライですよ。

ストレスは買い物で解消しているので大丈夫(笑)
片付けているのに本末転倒ですね。

●わかこさん

エライというか何というか(笑)状況が状況なだけに仕方ないなーって感じです。

ウチは母が頑張り屋さんなので、付き合っている感じですかねー。「ゆるーい」って本当にゆるいです(笑)
家に帰って寝るまで最低7時間はあるんです。その内3時間、介護にかかってもあとは酒飲んでぐうたらしていますから(笑)
でも、わかこさんの優しさが伝わってきました。
ありがとうございます。

ありゃ?ランキングベスト10入りですか?
すごーい。お祝いに飲まなくちゃ(爆)


●にこさん

にこさんもお父様の介護をなさっているんですね。
私も一緒かも。あまり父とは仲がいいっていうほどじゃなかったしね(お互い無関心だったから)

>人生に無駄なことってないな

そうかー親子関係を見直すためですね?
人生に無駄な事はないか‥‥何か深ーい言葉です。

お父さんにありがとう!って言えるにこさん素敵ですね。
お互い、もう一頑張りしましょうね。
心強いコメントありがとうございます。


●suchanさん

お母様、大丈夫ですか?
年をとると骨折が一番の敵ですね。

ヘルパーの資格を持っていたんですね。これから一番需要のある仕事ですよね。ただ、仕事としては物凄くキツイのはわかります。就職活動やらお母様のお手伝いやら、大変だと思いますが頑張ってください。

お互い、がっつり幸せになってやりましょう。
suchanさんが5回もポチしてくれたからベスト10入りできたのかしら(爆)ありがとうございます。


●ぺんぎんさん

お父様さまの事は辛かったでしょうね。
私も後悔したくないので頑張っていますが、全然感謝もされません(笑)まぁ、理解できていないのだから仕方ないんですけれど。

>毎日をプラス思考で楽しみながら

そうですね。同じやるなら楽しくしないといけませんよね。忘れていました。思い出させてくれてありがとうございます。




[ 2007/07/28 23:17 ] りこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
profile

りこ

Author:りこ
実家で、勝手気ままにゆるーく暮らしている独身女。

見た目は年齢不詳らしい。

好きなもの:海外旅行、お買い物、映画、酒、本、バッグ、ランジェリー。

性格:熱しやすく飽きっぽい。(B型)
とことんマイペース。
流行りモノ大好きなミーハー。

e-mail form

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。