スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

究極のインテリア

大阪到着1日目。
メインダイニングでの優雅なランチも終わり
いよいよチェックイン。
軽く酔っ払いです(笑)昼間の酒って効くわぁ。



予約したのは『スーペリアダブル』。
何の事はない。一番標準(一番安い)の部屋である。
それでも広さは40平米はある。
40平米ってピンとこないですよね。
大阪市内のホテルで標準でこの広さの部屋があるのは
「リッツ」と「ウェスティン」だけ。

普通シングルで宿泊となると「グランヴィア大阪」でも
14平米だった。他のホテルは20平米が標準。
倍ですよ、倍!

まぁ日頃、6畳の部屋でコソコソしている私なので
狭くても構わないのだけれど(笑)
せっかくなら広い部屋でのんびりしたいもん。



案内付きで通された部屋は

20070809004952.jpg




黄色とブルーの配色の部屋。
わぉー!想像以上の良い部屋でビビッタよぉ。
ウェルカムドリンクをくれると言うので「水」にした。
ワイン飲んで喉が渇いていたので「水、水をくれー!」
な気分だった(笑)



ベッドよ~ん。
20070809004829.jpg
トランポリンをしたい衝動にかられた。
ぐっと我慢。
これから3日間この部屋の住人になるんだし酔った勢いで
トランポリン中にベッドから落ちたらシャレにもならない。
普段の私ならワイングラス2杯では酔わない。
この時は気分良く酔っていたみたい。
店内の雰囲気に酔ったのかもしれない(笑)



窓側です。
20070809004758.jpg

このデスクの引き出しを開けるとパソコン接続用の
端子がついていた。
聞くところによると24Hで1995円だって。
忙しい人には便利なサービス。


カーテンはベッドサイドにあるコントローラーで開閉できる。
サイドボードだと思っていたのに引き出しを開けると部屋の
照明もカーテンも調整できるコントロールパネルだった。
ラ・ラブホテル!? 冗談よー(爆)


一見、普通の家具なのにハイテク仕様。
考えて作られてるなぁ。



素敵な家具の扉をあけるとTVだった。
20070809004641.jpg
端っこに私のバッグが写っているなー。
この部屋に¥2500のバッグが似合わない事(爆)
扉を閉めた状態でも写真を撮ったが、磨かれ過ぎていて
自分が写っていたからアップできないの。



クローゼットは
20070809004651.jpg
パジャマとバスローブ2枚ずつ。

金庫もありますね。お金のある方は「どうぞ!」
海外からのお客様はパスポートでも入れるのかな?
私は未使用。入れたら出すのを忘れそうで‥‥。



クローゼットの向かい側は
20070809004838.jpg

ポットやグラス。コーヒーから煎茶、紅茶、梅こぶ茶と
揃えてあった。下の扉は冷蔵庫。
冷蔵庫の中は飲み物が詰まっていたよ。
手は付けられませんの。
後で写真を探しますが、ありえないくらいのお値段!!
うかつに飲み干そうなら請求が怖い金額になること間違いなし(笑)
私はコンビニで水やビールを調達してきたの。
一般庶民の行動としては正しいがホテルにとったら
嫌な客かもね。


置いてあったコーヒーカップは「リチャード・ジノリ」
何から何まで一流品なのね。



1番驚いたのがバスルーム。
広いんだなぁ。床は大理石っぽいし。



洗面台。2つ付いているので2人で泊まっても便利。
20070809004923.jpg
シャンプー、コンディショナーは普通です。
‥‥が、バスソルト、ボディローション、マウスウォッシュまでありました。フロントに電話すればバブルバスとか湯船にゆったりつかれる様バスピローもタダで持ってきてもらえる。



バスタブは
20070809004807.jpg
シャワーカーテンまで黄色と青。
す、凄い!
使うのもったいない感じです(笑)
ホテルのバスルームのシャワーって固定式が多いのに、ここのシャワーは嬉しかった。固定式だと背の低い私は辛いのだ。



何が驚いたかってバスタブの向かいは
シャワーブース。えっ、えーっ?
20070809004703.jpg

シャワーだけの習慣の人も多いだろうし、凄い。
シャワーブースの付いているホテルって少ないように
思うなぁ。



トイレの中は(笑)
20070810003904.jpg
便器はウォッシュレット付き。
画像は自粛します。



夕方、人に会うまでの時間をプールで過ごす予定でいたが、ワインのせいで眠くなって昼寝。裸で寝ても気持ちいいこと。向かいの「梅田ダイビル」で働く皆さん、見苦しいものが見えていたらごめんね(笑)カーテン閉めるの忘れていたの。レースのカーテンは閉めたと思ったけれどね。どこに行っても「ぐうたら度」は変わらないな。



リッツを手掛けたインテリアコーディネーターの腕はさすがです。
業界裏話をしますと、一流ホテルから部屋の内装の注文がきても正直儲からない。全体だと金額こそ何千万、何億の世界だが、原価ギリギリまで叩かれる事も多い。何ていうのかな。実績をとる感じ。
会社としても「リッツの内装をやりました」って言えるしね。
細部に至るまで完璧。
これこそ『究極のインテリア』だと思います。



昼寝して元気になった私は夜の街へと繰り出した。
食べた物を写真に撮ったからすごい量だな。
純粋にリッツの話だけにしておくか迷うわぁ。



まだまだ旅行記は続きます。
お付き合いください。



いつもポチっと応援してくださる皆さんに感謝!

banner_02.gif
見に来ていただいてありがとうございます。



スポンサーサイト

[ 2007/08/10 00:47 ] 旅日記 | TB(0) | CM(4)
昨日の優雅なランチも今日のお部屋も、食い入るように見ております。ああ・・・素敵♪ため息ものですね。
そんな超一流のホテルにも、りこさんは引けを取らないんでしょうね。大人の女性よね、羨ましい~~。
私もそんな「余裕が欲し~~~~い」けど、無理(笑)

ところで、業界話も出てますが、りこさんってインテリア関係(内装)のお仕事なんですか?ドキドキ♪
私も優雅な旅行をしてみたいです。
[ 2007/08/10 02:34 ] 男塾酉蔵 [ 編集 ]
一流といわれるホテル「ぬかりねぇ(*゚Д゚)」ですねー!
パないーーー!゚+.(・∀・)゚+.゚

普通のホテルの紹介だとここまで細かい描写ないから
すごく面白くて参考になります!
ステキホテルのインテリアてやっぱ
「使い勝手よりラグジュアリーなアメニティ感」とか
「小さな物も気を抜かない気配り」が効いてる~!!

シティホテルだと40平米ある所はやっぱ少なめですよね。
沖縄によくあるリゾートだと、割とこういう感じのところが
あるかも…シャワーブース使わないーとか思っちゃいますよね。
でも日本人じゃないと反対に湯船使わないかも?ですね。

あとこの洗面所で身をかがめて写真を撮ったりこさんを
想像すると…[壁]・m・) ウププ

あーたのしいたのしい(*´Д`*)ハァハァ 続きも楽しみ♪
[ 2007/08/10 05:31 ] なみたん。 [ 編集 ]
ムムッ~こんなゴージュスな部屋にホンマにお一人様??ン~~妖しげな影が??関西に男の影が?
[ 2007/08/10 23:36 ] suchan [ 編集 ]
●男塾酉蔵さん

確かに日常とかけ離れた世界でしたー。
凄く心地よいのですが、同じお金を掛けるなら海外旅行のほうが満足感は大きいですよ。

私、インテリア業界で働いていましたよ(過去形)
その時、私は他部署だったけれどホテルを担当している部署は、大変そうだったのを思い出したので書いてみました(笑)

あとですね。私は一流ホテルに引けを取らない女性じゃないし(爆)大人なのは年齢だけですから。
ただ、一流ホテルのレストランもガード下の焼き鳥屋さんも両方知っている女にはなりたいです(希望)


●なみたん。さん

ばれましたか?洗面所では床に座り込んで写真を撮っていました(笑)ピカピカに磨かれているので抵抗感などなかったですよ。そういえばホテル内でカメラを構えていたのは私だけだったような(爆)おのぼりさん、丸出しです!

いーの、めったに泊まれないホテルだからね。


●suchanさん

男の影ですか(爆)
ないでしょー。男がいたら、こんなにいいホテルに泊まらなくても十分楽しいと思います(笑)
一人だから見栄を張っただけですよー。

「関西の男」募集しましょうか?汚部屋を見られているから駄目ですか??
[ 2007/08/11 23:55 ] りこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
profile

りこ

Author:りこ
実家で、勝手気ままにゆるーく暮らしている独身女。

見た目は年齢不詳らしい。

好きなもの:海外旅行、お買い物、映画、酒、本、バッグ、ランジェリー。

性格:熱しやすく飽きっぽい。(B型)
とことんマイペース。
流行りモノ大好きなミーハー。

e-mail form

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。